三平方の定理(基本問題2)

【例題】
xの値を求める。

x234ABCD △ACDはAC,CDがわかるので
三平方の定理でADを出す。
AD2+22=42
AD2 = 12
AD > 0より AD=12
△ABDでBD,ADがわかったので
三平方の定理でABを出す。
x2 = 52+(12)2
x2 = 37
x>0より x= 37

ABCD13x13 △ABDはAB,BDがわかるので
三平方の定理でADを出す。
AD2+32=(13)2
AD2=4
AD>0よりAD=2
△ADCでAD,DCがわかったので
三平方の定理でACを出す。
x2 = 22+12
x2=5
x>0よりx=5

次の直角三角形で、x, yの値をそれぞれ求めよ。

xy245 xy127 121320xy x1559 37x11 1179x x267 x267

中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語