関係を表す式(等式3)

次の数量の関係を等式で表わせ

毎分xmで、40分歩くと、進んだ道のりがymになった。 akmの道のりを2時間で進んだときの速さは毎時bkmである。 家から駅まで1800mある。毎分xmで10分歩いたら残りはymである。 家から学校まで1500mある。家を出て毎分xmで5分歩いたところで雨が降り出したので毎分ymの速さで9分走ったら学校に着いた。 家から公園までのxmを毎時80mで、公園から図書館までのymを毎時60mで歩くと、全体でかかる時間が19分である。 A町からB町までの道のりxkmを行きは毎時4km, 帰りは毎時3kmで歩いたら往復にかかった時間がy時間だった。 弟が家を出て毎分xmで歩いていき、兄が3分後に毎分ymで追いかけると弟が家を出てから12分後に追いついた。

次の数量の関係を等式で表わせ

高さacm, 底辺18cmの三角形の面積はbcm2である。 縦xcm, 横ycmの長方形の周の長さは24cmである。 半径xcmの円の周の長さはycmである。

歴史一問一答問題 ≫中学歴史の教科書重要事項を覚えまくるのに最適な一問一答問題。テスト前の確認や弱点補強に最適!
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語