関係を表す式(不等式3)

次の数量の関係を不等式で表わせ

毎分80mで、x分歩くと、進んだ道のりがym以上になった。 18kmの道のりをx時間で進んだときの速さは毎時ykm以下である。 家から公園までakmある。毎時4kmでb時間進んだら、残りの道のりはckm未満である。 A町からB町までxmある。はじめのymを毎分80mで、残りを毎分70mで進んだらかかった時間は15分より多かった。 家から学校までamある。はじめのb分間は毎分50mで歩き、次に速さを毎分60mに変えてc分間歩いてもまだ学校につかない。 A町からB町までxkmある。行きは毎時4km,帰りは毎時3kmで歩くとy時間以内に往復できる。

次の数量の関係を不等式で表わせ

縦acm, 横bcmの長方形の面積が12cm2未満である。 高さxcm, 底辺ycmの三角形の面積が8cm2以上である。 半径acmの円の周の長さが、1辺bcmの正方形の周の長さより長い。

歴史一問一答問題 ≫中学歴史の教科書重要事項を覚えまくるのに最適な一問一答問題。テスト前の確認や弱点補強に最適!
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語