方程式文章題(数に関する問題)

【例題】
(例1)ある数の4倍に5を加えると29になる。ある数を求めよ。
ある数をxとする。
ある数の4倍は 4x, それに5を加えると 4x+5 である。
これが29になるので、式は 4x+5 = 29

4x+5 = 29
4x = 24
x = 6     答 6
(例2)ある数と6の和の3倍は、もとの数の10倍より4大きい。ある数を求めよ。
ある数をxとする ある数ともとの数は同じものを指すのでともにxである。
ある数と6の和は x+6, この3倍は 3(x+6)となる。
もとの数の10倍は10x
3(x+6)が、10xより4大きいので、 3(x+6)=10x+4

3(x+6)=10x+4
3x+18 = 10x+4
3x-10x = 4-18
-7x = -14
x=2     答2

方程式をたてて求めよ。

ある数の7倍と3との和は24である。ある数を求めよ。 ある数の5倍から3を引くと-23になる。ある数を求めよ。 ある数と4との和を3倍すると-15になる。ある数を求めよ。 ある数から2を引いた差を4倍すると14になる。ある数を求めよ。 ある数の3倍と5との和は、もとの数より3小さい。ある数を求めよ。 ある数と2との和の6倍はもとの数の4倍より2大きい。ある数を求めよ。 ある数の3倍から1を引いた差を5倍するともとの数の7倍より15小さくなる。ある数を求めよ。 ある数の5倍と14との和はもとの数の2倍より3小さい。ある数を求めよ。

中学校英語学習サイト 中学英語の文法、練習問題、リスニング
中学校数学学習サイト 中学数学各単元の要点と練習問題
中学理科の学習 中学理科各単元のまとめ、理科の用語、練習問題
中学歴史の学習 中学歴史の練習問題、人名事典、各時代の概要
高校数学 高校1年数学の要点と練習問題