分配法則の利用 基礎

【例題1】
12×(16-34)
=12×16 - 12×34=2-9=-7
このような場合、カッコ内を計算せず、分配法則でカッコを開いたほうが計算が簡単になる。


次の計算をせよ。
20×(12+34) (13-17)×21 -36×(-29-54) (712-18)×(-24)

【例題2】
87×(-17)+13×(-17)=(87+13)×(-17)=100×(-17)=-1700 -17を分配してカッコを開いたと考えて、カッコを開く前の形にすると計算が楽になる。


次の計算をせよ。
61×13+39×13 129×(-21)+71×(-21) 159×(-19)-59×(-19) -137×3.14+37×3.14

【例題3】
97×(-21)=(100-3)×(-21)=100×(-21)-3(-21)=-2100+63=-2037 97を100-3としてカッコに入れ、分配法則でカッコを開くと計算が楽になる。


次の計算をせよ。
93×(-8) 109×(-15) -992×5

中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語