関数と図形

図のようにy=-2x+6, y=2x+6, y=-x-3 が交わっている。△ABCの面積を求めなさい。

A B C x y y=2x+6 y=-2x+6 y=-x-3

図でP(-4,4), Q(5,-1), R(2,6)である。頂点Qを通り、△PQRの面積を2等分する直線の式を求めなさい。

P Q R x y O

図でA(-1,3), B(-4,-3), C(5,-1), D(8,5) である。 ABCDの面積を2等分する、傾きが2の直線の式を求めなさい。

A B C D x y O

図でA(1,8), B(-4,-2), C(2,2), D(-1,4) である。△ADC:△DBCの面積比を求めなさい。

O A B C D x y

点A(6,9)、 点B(-2,7) とする。AP+BPが最小となるようにx軸上に点Pをとる。その時のpの座標を求めよ。

x y O P A B

A(8,6), B(0,8), C(4,0), Dはy軸上の点でADとBCの交点をPとする。△APCと△BPDの面積が等しくなるときのDの座標を求めなさい。

A B C D O P x y

  54

  y=-x+4

  y=2x-3

  2:3

  ( 3 2 , 0)

  (0,1)

iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
android用
iphone
android
iphone
android
iphone
android
iphone用
android用
iphone用
android用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用
アンドロイド用
iphone用 iphone用
アンドロイド用