正負の数加法(基礎)

同符号の2数の和
絶対値の和に共通の符号をつける。
【例題1】
(+4)+(+7) 正の数どうしの 同符号の和
共通の符号は +, 絶対値の和 4+7

= +(4+7)
= +11
【例題2】
(-8)+(-5) 負の数どうしの 同符号の和
共通の符号は-, 絶対値の和 8+5

= - (8+5)
= - 13


1. 計算せよ。
(+12)+(+9) (+1.5)+(+2.2) (+12)+(+32) (-7)+(-25) (-0.9)+(-0.4) (-34)+(-53)


異符号の2数の和
絶対値の大きい方から小さい方をひく。
絶対値の大きい方の符号をつける。
※絶対値が等しいときの和は0

【例題1】
(-3)+(+9) 異符号の和, 正の数 +9のほうが
絶対値が大きいので, 符号は+,
絶対値の差 (9-3)

= +(9-3)
= + 6
【例題2】
(-8)+(+6) 異符号の和, 負の数 -8のほうが
絶対値が大きいので, 符号は-,
絶対値の差(8-6)

= - (8-6)
= -2


2. 計算せよ。
(-2)+(+18) (+7)+(-11) (-9)+(+5) (+12)+(-4) (-0.1)+(+0.3) (+1.5)+(-1.8) (-23)+(+53) (+56)+(-13)

解説リクエスト
解説リクエストフォーム
問題名:
問題番号:
mail:
コメント:

中学校英語学習サイト 中学英語の文法、練習問題、リスニング
中学校数学学習サイト 中学数学各単元の要点と練習問題
中学理科の学習 中学理科各単元のまとめ、理科の用語、練習問題
中学歴史の学習 中学歴史の練習問題、人名事典、各時代の概要
高校数学 高校1年数学の要点と練習問題