自由権 確認

カッコ内に入る適切な語句を答えよ。

日本国憲法に書かれている自由権は大きく分けての自由、の自由、の自由の3つである。

自由に物事を考え、自分の意見を発表する自由がなければ、国民の意見を政治に反映できず、が成り立たない。

戦前はによる不当な捜査や、拷問による取り調べが行われていた。

現在では裁判官が出すがなければ逮捕されたり、住居を捜索されたりしない。

現在ではの強要は許されず、拷問は禁止されている。

物事のを自分で判断するのが思想・良心の自由である。

どのを信仰するかなどを自分で決めるのが信教の自由である。

政府が出版物を発表前にすることは禁止されている。

自由にを選び、営業するのが職業選択の自由である。

お金や土地などのを持つ権利を財産権の保障という。

場所を自由に選ぶのが居住・移転の自由である。

の民主化運動の指導者アウン・サン・スー・チーさんは政府によって長期間自宅に軟禁されていた。

中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語