式の値 基礎

式の中の文字を数で置き換えることを「代入する」という。
代入して計算した結果を「式の値」という。

【例題】 x =-2のとき、次の式の値を求めよ。
4x2+11x+3 xに-2を当てはめる。
負の数を代入するときはカッコに入れる

= 4×(-2)2 + 11×(-2) + 3
= 16 -22 +3
= -3


x =5のとき 次の式の値を求めよ。
4x-8 12 - 3x -4x2 135x

x = -3のとき 次の式の値を求めよ。
4x+1 10 - 2x 2x2-5x+7 144x+11

x = -32のとき 次の式の値を求めよ。
8x+5 4x2-6x+5 5x+1 12x

中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語