工業商業サービス業 標準

次の問いに答えよ。

日本では第二次世界大戦後、太平洋ベルトとよばれる臨海型の工業地域が形成された。
海の近くに工業地域がつくられた理由を述べよ。

1970年代以降、内陸型の工業地域形成されるようになった。この理由を交通の面から述べよ。

加工貿易とはなにか。

加工貿易の問題点とはなにか。

1980年代、日本企業がアメリカやヨーロッパで現地生産を行った理由を述べよ。

次の図は工業生産額における各工業の割合を示したグラフで、 中京工業地帯、京葉工業地域、瀬戸内工業地域のいずれかのものである。それぞれの工業地帯・地域のグラフを選んで記号で答えよ。
中京工業地帯 京葉工業地域 瀬戸内工業地域

食料品 機械 金属 化学 せんい その他 22.1% 13.8% 46.8% 10.8% 0.2% 6.3% 11.1% 66.3% 10.6% 6.5% 4.5% 1.0% 20.3% 36.6% 25.0% 6.6% 9.3% A B C

コールセンターが都市部より地方に多い理由を答えよ。


日本では原材料をほとんど輸入に頼っており、その輸入がしやすいから。 高速道路や空港などの交通網が整備されたから。 原料を輸入し、工業製品を作って輸出する貿易のこと 貿易相手国の状況や海外の市場の影響を受けやすい。 貿易上の対立をさけるため。 中京工業地帯B  京葉工業地域A  瀬戸内工業地域C 人件費などのコストが安いから。