世界と日本の結びつき 確認

カッコに適切な語句や数字を入れよ。

20世紀以降、航空機や船の高速化、大型化と航空・海上の交通網の整備により目的地までのが短縮された

現在国際間の人の移動や重量の軽いICなど電気部品の移動には輸送が利用されている。

重量の重い機械類や石油・石炭などの移動には輸送が利用されている。

世紀半ばまでは情報はおもに手紙で伝えられてきた。

現在では国際電話やインターネット、放送の普及により世界の情報通信網が発達した。

情報通信網を利用するためには通信施設の設置や電話、パソコンなどの購入が必要なため豊かな地域と発展途上国で情報のが生じている。

2009年の世界の貿易額は1980年に比べて約倍に増えている。

先進国間での貿易では輸出・輸入ともが中心品目になっている。

貿易摩擦などの課題を解決するための機関をといい、その略称がである。

海外への旅行や、外資系ファストフード店、外国人アーティストのコンサートなどの貿易は輸出、輸入ともアメリカやヨーロッパの国々が上位をしめている。

日本国内の交通・通信についてカッコに適切な語句や数字を入れよ。また、選択肢のある場合には1つ選べ。

日本では年代に新幹線、高速道路、航空路の整備が急速に進んだ。

通信ケーブルや通信衛星の開発、整備により網が全国に張りめぐらされている。

とくにケーブル網の整備によってインターネットの利便性が高まった。

大都市圏の通勤通学のような近距離の移動には、自動車が利用されている。

300kmから500kmの中距離の移動にはが利用されている。

長距離の移動にはの利用が増えている。

利用者の少ない地方で鉄道やバス路線が廃止になり、交通手段を維持するためにがバスを運行する例もある

現在の貨物の輸送ではa鉄道 b自動車 c船舶が中心となっている。


時間距離 航空 海上 19 衛星 地域格差 6 機械 世界貿易機関 WTO サービス


1960 情報通信 光ファイバー 電車 バス 新幹線 航空機 市町村 b