公共の福祉と国民の義務 確認

カッコ内に入る適切な語句や数字を答えよ。

人権にはを侵害してはならないという限界がある。

人々が同じの中で生活していく必要から人権が制限されることがある。

全体の利益を「公共の福祉」という。

日本国憲法は、自由や権利のを認めず、国民は常にそれらを公共の福祉のために利用する責任があると定めている。

自由権の中でも経済活動の自由は行き過ぎると生活環境の悪化や、の差の拡大につながりかねないため、公共の福祉による制限が広く認められている。

労働基本権で認められているストライキがには認められていない。

日本国憲法に書かれている国民の義務はつある。

子どもに義務は子どもの権利を確保するために定められている。

は国民にとって義務であると同時に権利でもある。

国は範囲で国民に義務を課す法律を制定できる。

中学校英語学習サイト 中学英語の文法、練習問題、リスニング
中学校数学学習サイト 中学数学各単元の要点と練習問題
中学理科の学習 中学理科各単元のまとめ、理科の用語、練習問題
中学歴史の学習 中学歴史の練習問題、人名事典、各時代の概要
高校数学 高校1年数学の要点と練習問題