1次関数基礎3

1. 次の1次関数の式を求めなさい。

(1)x=1のときy=3でx=5のときy=–1である。

(2)変化の割合が2でx=2のときy=10である。

(3)グラフの傾きが3で点(2,9)を通る。

(4)グラフが点(1,2)と点(2,8)を通る。

(5)x=3のときy=1で、x=5のときy=7である。

(6)変化の割合が–1でx=1のときy=12である。

(7)グラフが傾き–2で点(5,3)を通る。

(8)グラフが点(3,3)と点(5,1)を通る。

(9)x=2のときy=4で、x=3のときy=8である。

(10)x=–2のときy=1でx=2のときy=–3である。

(11)傾きが–2でx=1のときy=–1である。

(12)傾きが23でx=3のときy=7である。

(13)xが3増加するときにyが6増加し、切片が–5である。

(14)(2,4)と(3,7)を通る。

(15)(–1,2)と(1,–4)を通る。

1

(1)y=–x+4  (2)y=2x+6  (3)y=3x+3
(4)y=6x–4  (5)y=3x–8  (6)y=–x+13
(7)y=–2x+13  (8)y=–x+6  (9)y=4x–4
(10)y=–x–1  (11)y=–2x+1  (12)y=23x+5
(13)y=2x–5  (14)y=3x–2  (15)y=–3x–1