1次関数基礎1

1. 次の問いに答えよ。

(1)1次関数でxが2から3まで変化したときにyは5から7まで変化した。変化の割合を求めよ。

(2)1次関数でxが3から7まで変化するときにyが2から–6まで変化した。変化の割合を求めよ。

(3)y=–2x+3について
変化の割合を求めよ。 xが3増加するときのyの増加量を求めよ。

(4)y=32x+5について
変化の割合を求めよ。 xが4増加するときのyの増加量を求めよ。

(5)y=–4x–3について
xが2から5まで変化するとき、yはいくつからいくつまで変化するか。 ①のときのyの増加量を求めよ。

(6)y=2x+12でxが1から6まで変化するときのyの増加量を求めよ。

(7)y=–3x+5でxが2から5まで変化するときのyの増加量を求めよ。

(8)y=4x–3でxの増加量が3のときのyの増加量を求めよ。

(9)y=–5x–12でxの増加量が4のときのyの増加量を求めよ。

2. 次のように点Aと点Bがある。それぞれの場合についてAからBまで変化するときの変化の割合を求めよ。

(1) A(1,2)  B(2,5)(2) A(2,3)  B(6,11) (3) A(1,6)  B(3,2)(4) A(3,1)  B(4,–7) (5) A(2,12)  B(5,3)(6) A(–1,–5)  B(2,10)

3. 次のグラフを書きなさい。

(1)y=3x–4(2)y=–2x+1 (3)y=2x+2(4)y=–5x+8

x y o

1

(1) 2  (2) -2  (3) ① -2 ② -6  (4) ①32  ② 6
(5) ① -11から-23  ②-12  (6) 10  (7) -9  (8) 12  (9) -20

2

(1) 3  (2) 2  (3) -2  (4) -8  (5) -3  (6) 5

3

x y o (1) (2) (3) (4)