解答と解説

鎌倉時代2

問についての答、またはカッコに入る適切なものを選択肢から選べ。

鎌倉幕府で、将軍を補佐して政治を行う役職を何というか。

1) 大納言 × 2) 管領 × 3) 執権 4) 副将軍 × 答: 3
 頼朝の妻政子の父である北条時政が初代の執権となって幕府の実権をにぎり、以降北条氏が執権を独占した。

承久の乱を起こしたのは誰か。

1) 後白河上皇 × 2) 後鳥羽上皇 3) 後醍醐天皇 × 4) 後三条天皇 × 答: 2
 1221年、3代将軍源実朝が暗殺されると混乱に乗じて、朝廷の勢力を回復させようと後鳥羽上皇が兵を挙げた。

承久の乱の結果、京都に置かれた役所は何か。

1) 京都所司代 × 2) 京都監視台 × 3) 六波羅探題 4) 京都御所 × 答: 3
 承久の乱で後鳥羽上皇は敗れて隠岐に流され、朝廷を監視するために京都に六波羅探題が置かれた。

北条泰時が制度化した会議を何というか。

1) 評定 2) 寄合 × 3) 座 × 4) 惣 × 答: 1
 鎌倉幕府では,執権北条泰時のときに,有力御家人らが選任されて,評定衆となり、以後,執権や評定衆などで行う評定が,幕府の最高決裁機関となった。

1232年北条泰時が定めた法律を何というか。

1) 大宝律令 × 2) 武家諸法度 × 3) 建武式目 × 4) 御成敗式目 答: 4
 1232年、執権北条泰時が武士の社会の慣習に基づいた御成敗式目(貞永式目)を制定した。これは武士独自の法律でその後、武士の法律の見本となった。

鎌倉幕府の中央の仕組みで裁判のやくわりをになったのはどれか。

1) 侍所 × 2) 政所 × 3) 問注所 4) 太政官 × 答: 3
 鎌倉幕府の中央の仕組みで、問注所は裁判、政所は財政など、侍所は御家人の統率や軍事をになった。

鎌倉幕府の地方の仕組みで国内の軍事、警察、御家人の統率を行ったのはどれか。

1) 守護 2) 地頭 × 3) 国司 × 4) 探題 × 答: 1
 地方の仕組みで、国ごとに置かれた守護は国内の軍事・警察などを、荘園、公領ごとに置かれた地頭は年貢のとりたてなどを行った。

荘園領主と地頭の争いを、土地の半分を地頭に与えるなどとして解決したことを何というか。

1) 一所懸命 × 2) 二毛作 × 3) 荘園侵略 × 4) 下地中分 答: 4
 農民は年貢を領主に納めていたが、地頭になった武士が土地や農民を勝手に支配しだして領主と地頭の争いが起きることが多かった。

歴史練習問題{$jump}

練習問題

練習問題プリント

古代
中世
近世
近代
二度の世界大戦
現代
記述問題
その他

訂正

2018/10/30 歴史 幕末_確認 (11)弊→兵
2018/3/23 歴史 田沼〜寛政_確認 大問3後半の余分な解答を削除しました
2018/3/1 歴史 鎌倉末〜室町_確認(8) 1927→1297
2017/8/9 歴史鎌倉確認 (13) 新古今和歌集
2017/8/9 歴史鎌倉一問一答 (18)答 新古今和歌集
2016/6/26 歴史平安時代一問一答 1(5)答 坂上田村麻呂
2015/06/08 歴史鎌倉の終わり〜南北朝1(4)答 北条時政→北条時宗
2015/02/19 歴史明治維新1 2(3)地権→地券
2012/06/19
 ガンジー → ガンディー
2012/04/03
鎌倉 3(2)の答 新古今和歌集
10/02/24
大正2 1(6)④の答
1/14
歴史年表(縄文〜鎌倉)答
(1)〜(3)
2/16
歴史 明治2 (7) 民撰議設立建白書 (誤)
民撰議設立建白書(正)
{$adsMidL}

pc・スマホ用問題

選択問題(解説付き)
一問一答 高校入試編
穴埋め問題 高校入試編
選択問題 高校入試編
{$adsMidR} {$adsMid}

歴史の勉強法

憶えることが得意な人

教科書を見て、1つの単元をまとめます。その単元の練習問題(教科書準拠)をやります。間違えたところをノートに書き出して憶えます。もう一度同じ単元の違う問題をやります。次に憶えた事柄のつながりを考えてノートを作ります。
歴史は人の行った行為なので必ず理由があります。なぜそんなことをしたのか理由がわかるように、ノートにまとめていきます。それができたら少し発展的な記述を含むような問題をやってみましょう。

憶えるのが苦手または歴史が苦手な人

各時代ごとに一番重要なことを抜き出してまとめます。そのときにできるだけ少ない事柄だけにします。その時代がどうやって始まり、どう終わったのか。重要な出来事は何か。これだけのことを教科書をよく読んでノートに書き出します。→
次にそれぞれの事柄に理由を書き加えていきます。できるだけつながりがわかるようにしていきます。このときでもあまり細かいことを書き過ぎないようにします。また、理由を自分の想像だけで書かずに、必ず教科書や参考書で確かめながらノートを作りましょう。こうして歴史の流れのノートができます。→
それを何度も読み返してさらに教科書も読んで間違いがないかをチェックします。歴史の流れが理解できればあとは問題を解きながら少しずつ憶えることを増やしていきます。そのときにもできる限り理由を含めて憶えることを忘れないでください。歴史は流れをつかむと細かい事柄でも憶えやすさが全くちがってきます。

{$javaScript0 }

全問の解答と解説

鎌倉幕府で、将軍を補佐して政治を行う役職を何というか。

執権
頼朝の妻政子の父である北条時政が初代の執権となって幕府の実権をにぎり、以降北条氏が執権を独占した。

承久の乱を起こしたのは誰か。

後鳥羽上皇
1221年、3代将軍源実朝が暗殺されると混乱に乗じて、朝廷の勢力を回復させようと後鳥羽上皇が兵を挙げた。

承久の乱の結果、京都に置かれた役所は何か。

六波羅探題
承久の乱で後鳥羽上皇は敗れて隠岐に流され、朝廷を監視するために京都に六波羅探題が置かれた。

北条泰時が制度化した会議を何というか。

評定
鎌倉幕府では,執権北条泰時のときに,有力御家人らが選任されて,評定衆となり、以後,執権や評定衆などで行う評定が,幕府の最高決裁機関となった。

1232年北条泰時が定めた法律を何というか。

御成敗式目
1232年、執権北条泰時が武士の社会の慣習に基づいた御成敗式目(貞永式目)を制定した。これは武士独自の法律でその後、武士の法律の見本となった。

鎌倉幕府の中央の仕組みで裁判のやくわりをになったのはどれか。

問注所
鎌倉幕府の中央の仕組みで、問注所は裁判、政所は財政など、侍所は御家人の統率や軍事をになった。

鎌倉幕府の地方の仕組みで国内の軍事、警察、御家人の統率を行ったのはどれか。

守護
地方の仕組みで、国ごとに置かれた守護は国内の軍事・警察などを、荘園、公領ごとに置かれた地頭は年貢のとりたてなどを行った。

荘園領主と地頭の争いを、土地の半分を地頭に与えるなどとして解決したことを何というか。

下地中分
農民は年貢を領主に納めていたが、地頭になった武士が土地や農民を勝手に支配しだして領主と地頭の争いが起きることが多かった。
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語