解答と解説

化政文化

問についての答、またはカッコに入る適切なものを選択肢から選べ。

化政文化の中心はどこか。

1) 上方 × 2) 京都 × 3) 江戸 4) 大阪 × 答: 3
 江戸時代、元禄文化の中心は上方だったが、化政文化になると江戸に中心が移った。

化政文化のにない手はどんな人たちか。

1) 庶民 2) 豪商 × 3) 武士 × 4) 公家 × 答: 1
 化政文化の特徴はにないてが庶民まで広がったことである。

鈴木春信が始めたのはどれか。

1) 唐絵 × 2) 大和絵 × 3) 水墨画 × 4) 錦絵 答: 4
 浮世絵の技術が進み、鈴木春信が錦絵という多色刷りの版画をはじめた。

富嶽三十六景を描いたのは誰か。

1) 喜多川歌麿 × 2) 葛飾北斎 3) 歌川広重 × 4) 東洲斎写楽 × 答: 2
 浮世絵では東洲斎写楽が人気の歌舞伎役者の絵、喜多川歌麿は美人画、葛飾北斎と歌川広重は風景画で北斎の代表作が富嶽三十六景、広重の代表作は東海道五十三次である。

「白河の清きに魚の住みかねてもとのにごりの田沼恋しき」はどれか。

1) 川柳 × 2) 俳諧 × 3) 狂歌 4) 連歌 × 答: 3
 幕府を批判したり、世相を皮肉ったりするのが川柳・狂歌でこのうち五・七・五の形式が川柳、五・七・五・七・七が狂歌である。

小林一茶や与謝蕪村がよんだのはどれか。

1) 川柳 × 2) 俳諧 3) 狂歌 × 4) 連歌 × 答: 2
 俳諧では、農民の感情を表した小林一茶や、風景を表現した与謝蕪村が評判になった。

滝沢馬琴が書いたのはどれか。

1) 東海道中膝栗毛 × 2) 曽根崎心中 × 3) 日本永代蔵 × 4) 南総里見八犬伝 答: 4
 十返舎一九の「東海道中膝栗毛」や、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」などの長編小説が多くの人に読まれた。

歴史練習問題{$jump}

練習問題

練習問題プリント

古代
中世
近世
近代
二度の世界大戦
現代
記述問題
その他

訂正

2018/10/30 歴史 幕末_確認 (11)弊→兵
2018/3/23 歴史 田沼〜寛政_確認 大問3後半の余分な解答を削除しました
2018/3/1 歴史 鎌倉末〜室町_確認(8) 1927→1297
2017/8/9 歴史鎌倉確認 (13) 新古今和歌集
2017/8/9 歴史鎌倉一問一答 (18)答 新古今和歌集
2016/6/26 歴史平安時代一問一答 1(5)答 坂上田村麻呂
2015/06/08 歴史鎌倉の終わり〜南北朝1(4)答 北条時政→北条時宗
2015/02/19 歴史明治維新1 2(3)地権→地券
2012/06/19
 ガンジー → ガンディー
2012/04/03
鎌倉 3(2)の答 新古今和歌集
10/02/24
大正2 1(6)④の答
1/14
歴史年表(縄文〜鎌倉)答
(1)〜(3)
2/16
歴史 明治2 (7) 民撰議設立建白書 (誤)
民撰議設立建白書(正)
{$adsMidL}

pc・スマホ用問題

選択問題(解説付き)
一問一答 高校入試編
穴埋め問題 高校入試編
選択問題 高校入試編
{$adsMidR} {$adsMid}

歴史の勉強法

憶えることが得意な人

教科書を見て、1つの単元をまとめます。その単元の練習問題(教科書準拠)をやります。間違えたところをノートに書き出して憶えます。もう一度同じ単元の違う問題をやります。次に憶えた事柄のつながりを考えてノートを作ります。
歴史は人の行った行為なので必ず理由があります。なぜそんなことをしたのか理由がわかるように、ノートにまとめていきます。それができたら少し発展的な記述を含むような問題をやってみましょう。

憶えるのが苦手または歴史が苦手な人

各時代ごとに一番重要なことを抜き出してまとめます。そのときにできるだけ少ない事柄だけにします。その時代がどうやって始まり、どう終わったのか。重要な出来事は何か。これだけのことを教科書をよく読んでノートに書き出します。→
次にそれぞれの事柄に理由を書き加えていきます。できるだけつながりがわかるようにしていきます。このときでもあまり細かいことを書き過ぎないようにします。また、理由を自分の想像だけで書かずに、必ず教科書や参考書で確かめながらノートを作りましょう。こうして歴史の流れのノートができます。→
それを何度も読み返してさらに教科書も読んで間違いがないかをチェックします。歴史の流れが理解できればあとは問題を解きながら少しずつ憶えることを増やしていきます。そのときにもできる限り理由を含めて憶えることを忘れないでください。歴史は流れをつかむと細かい事柄でも憶えやすさが全くちがってきます。

{$javaScript0 }

全問の解答と解説

化政文化の中心はどこか。

江戸
江戸時代、元禄文化の中心は上方だったが、化政文化になると江戸に中心が移った。

化政文化のにない手はどんな人たちか。

庶民
化政文化の特徴はにないてが庶民まで広がったことである。

鈴木春信が始めたのはどれか。

錦絵
浮世絵の技術が進み、鈴木春信が錦絵という多色刷りの版画をはじめた。

富嶽三十六景を描いたのは誰か。

葛飾北斎
浮世絵では東洲斎写楽が人気の歌舞伎役者の絵、喜多川歌麿は美人画、葛飾北斎と歌川広重は風景画で北斎の代表作が富嶽三十六景、広重の代表作は東海道五十三次である。

「白河の清きに魚の住みかねてもとのにごりの田沼恋しき」はどれか。

狂歌
幕府を批判したり、世相を皮肉ったりするのが川柳・狂歌でこのうち五・七・五の形式が川柳、五・七・五・七・七が狂歌である。

小林一茶や与謝蕪村がよんだのはどれか。

俳諧
俳諧では、農民の感情を表した小林一茶や、風景を表現した与謝蕪村が評判になった。

滝沢馬琴が書いたのはどれか。

南総里見八犬伝
十返舎一九の「東海道中膝栗毛」や、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」などの長編小説が多くの人に読まれた。
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語