1274年、の大軍が九州北部に襲来する。*元*^松浦市鷹島神崎遺跡は、暴風雨により沈没したと推定されているや高麗の軍船が発見された海底遺跡である。木製のいかり、武器などの遺物や船体の一部が見つかっている。*元*^二度にわたるの襲来の際に、御家人たちは自ら費用を負担して戦ったが、幕府から十分な恩賞が与えられず、また、御家人たちは領地を分割して相続することを続けてきたため、困窮する者が増加した。そこで、鎌倉幕府は、御家人たちの救済のため、という法令を出した。*元_徳政令*^惣が形成された農村は、有力者を中心に団結し、村のもめごとを独自に定めたおきてで解決したり、年貢について領主と交渉したりしました。これは、村でが行われたことを示しており、中性の社会の大きな変化といえます。*自治*^14世紀末まで室町幕府の3代将軍であったによって15世紀初め、わが国と明との貿易が開始された。わが国と明との貿易は、貿易を行うための船が正式な貿易船であることを証明するためにという合い札が用いられた。*足利義満_勘合*^勘合貿易は、室町幕府の将軍として南北朝の統一を果たしたが、明から倭寇の取りしまりを求められたことをきっかけに始まった。この貿易によって、幕府だけでなく、堺や博多の商人も利益を得た。*足利義満*^室町幕府の将軍になったが京都の北山の別荘に建てた金閣は、公家と武家の文化が融合した、この時代の文化の特徴が表れている。*足利義満*^室町文化は禅宗が文化に与えた影響が大きく、寺院の部屋の様式を武家の住居に取り入れたでは畳を敷いて床の間が設けられました。*書院造*^室町時代、がたくさん描かれ、代表的なものには、雪舟の「秋冬山水図」や「天橋立図」がある。*水墨画*^中世、東アジアの国々との密接なかかわりがみられ、民間の商人による貿易がさかんに行われた。諸産業が発達し、宋銭や銭などの大陸から流入した貨幣が使われた。また、合い札を用いた勘合貿易をと行った。*明*do
室町
次の問いに答えよ。
室町
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答