明治政府は、日本を近代国家にするため、大名から土地や人民を政府に返させるという政策を実施するなど、さまざまな改革を行った。その他にも、税制を改めるために地租改正を実施した。*版籍奉還*^1872年、明治政府は、すべての国民が学校で教育を受けられるよう、という法令を公布し、小学校を義務教育と定めた。*学制*^1円金貨が最初につくられたころ、日本の通貨の単位が円・銭・厘に統一された。そのころ政府は、地価を定めて土地所有者に地券を発行し、地価の3%にあたる額を、現金で納めさせるとよばれる税制改革を行った。しかし、その負担が重かったことから、これに反対する一揆が各地で起こり、政府は、税率を地価の2.5%に引き下げた。*地租改正*^1872年、最初の鉄道が新橋との間に開業した*横浜*^経済を発展させて国を豊かにし、軍隊を強くすることをめざすの政策が進められた*富国強兵*^明治政府が富国強兵を実現するために、近代的な産業を育てるを進め、日本の輸出を支える生糸の増産や品質の向上を図るために官営模範工場をつくった。*殖産興業*^日清修好条規によって、日本と清の間では対等な立場で国交が開かれたが、琉球王国の所属をめぐっては対立が続いた。日本は、1872年に琉球藩を置き、1879年には県を設置した。*沖縄*^神戸税関は、設立当初は「兵庫運上所」と呼ばれていた。1885年にわが国の初代内閣総理大臣に就任したは、1868年から1869年にかけて、兵庫運上所の長官を務めていた。*伊藤博文*^1890年第1回帝国議会が開催された。帝国議会は貴族院と衆議院の二院制がとられており、第1回衆議院議員総選挙が行われた。このときの有権者の資格は、直接国税円以上を納める歳以上の男子のみであったため、有権者は、総人口の約1%にすぎなかった。*15_25*^下関条約で日本が獲得した半島に関して、ロシアはドイツ、フランスをさそい、清国へ返すよう日本にせまった。日本は、やむなくこの要求を受け入れて清国に返還し、その還付金を得た。*遼東*^明治時代、日本の伝統の価値が見直され、とフェノロサが協力して日本美術のよさを海外に広めるとともに、狩野芳崖や横山大観などの画家に大きな影響を与えた。*岡倉天心*^明治時代になると、欧米の文化を取り入れた新しい文化が生まれ、西洋画を学んだが、「湖畔」や「読書図」を描いた。*黒田清輝*
明治
次の問いに答えよ。
明治
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
歴史一問一答問題 ≫中学歴史の教科書重要事項を覚えまくるのに最適な一問一答問題。テスト前の確認や弱点補強に最適!
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語