1603年、二条城が完成し、征夷大将軍となったが城に入る*徳川家康*^近世、幕府の対外政策により、外国との交流が制限された。この政策は、キリスト教を禁止し、日本人や日本船の海外渡航を禁止するとともに、オランダや中国と、長崎で貿易を行うなど、幕府が貿易をし、利益をするものであった。*統制_独占*^1637年の島原・天草一揆は、重い年貢を課し信仰を弾圧する領主に対し、教の信者が中心となって起こしたものであった。この一揆は、後に幕府が、外国との貿易を制限し、海外との交流を独占する、とよばれる体制をとる一因となった。*キリスト_鎖国*^出島和蘭商館は1641年から開国に至るまで、ヨーロッパの中で唯一わが国との貿易を許されたオランダの商館の跡である。オランダ商館は船が来航禁止となった2年後に、平戸から移された。*ポルトガル*^江戸時代、全国の商業や金融の中心地である大阪はと呼ばれ、諸藩は蔵屋敷をおいて、米や特産物を販売していた。*天下の台所*^江戸時代の大阪は、商業や流通の拠点として発展し、「天下の台所」とよばれた。北陸地方や東北地方の日本海側で生産された年貢米や特産物は、主にを利用して大坂へ運ばれた。諸藩は、運び込んだ年貢米や特産物を販売するため、中之島を中心とする地域に、倉庫と取引所を兼ねたとよばれる施設を置いた。*海路_蔵屋敷*^老中の地位についた田沼意次は、商工業者に株仲間をつくることを奨励した。その後に老中になったは、寛政の改革を始めた。*松平定信*^1840年に始まったアヘン戦争で清がに敗北したことで、国内では軍事力の強化が課題となりました。薩摩藩や肥前藩では反射炉を建設し、幕府も韮山反射炉を完成させ、大砲などを製造しました。また、おもに西日本の諸藩では、財政を立て直すために、独自の改革を行いました。薩摩藩では黒砂糖を、肥前藩では陶磁器をにするなどして財政を立て直し経済力をたくわえました。これらの藩は、のちに雄藩と呼ばれ、政治的な発言力を持つようになりました。*イギリス_専売制*
江戸
次の問いに答えよ。
江戸
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
歴史一問一答問題 ≫中学歴史の教科書重要事項を覚えまくるのに最適な一問一答問題。テスト前の確認や弱点補強に最適!
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語