10世紀の中頃、関東ではが、瀬戸内海周辺ではが地方の武士団を率いて反乱をおこした。11世紀には、東北地方での大きな反乱をしずめたが東日本に勢力を広げた。*平将門_藤原純友_源義家*^武士としてはじめてとなった平清盛は、商人の間で行われていた中国との交易に目を付け、を行った。*太政大臣_日宋貿易*^源義経は、兄の源頼朝の命令で平氏打倒のための兵を率いて戦い、1185年、の戦いで平氏を滅ぼした。その後、源義経は、兄の源頼朝と対立すると、当時、を中心地として栄えていた奥州藤原氏のもとへ逃亡した。*壇ノ浦_平泉|奥州平泉*^源頼朝は、を捕らえることを理由として、国ごとに、荘園や公領ごとにを置くことを朝廷に認めさせた。*源義経|義経_守護_地頭*^次は、鎌倉時代、北条泰時が定めた法律の一部である。「一諸国のの職務は、頼朝公の時代に定められたように、京都の御所の警備と、謀反や殺人などの犯罪人の取りしまりに限る。」*守護*^北条泰時が幕府の三代目のの地位にあった時、御家人の権利や義務などの武士の慣習をまとめ、御成敗式目を制定した。*執権*^鎌倉時代の農村には、鍛冶屋などの手工業者が住みつき、交通の便利なところには地元の特産品などを売るが開かれた。*定期市*
平安後期〜鎌倉
次の問いに答えよ。
平安後期〜鎌倉
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答