日本国憲法の第4章には、国会に関する規定がある。国会に関する規定につて述べた文として適切でないものはどれか。*4_国会の常会は、毎年1回之を召集する。_国会は、国の唯一の立法機関である。_国会は、弾劾裁判所を設けることができる。_国会は、条約を締結する機関である。^二院制の長所をいかすため、衆議院と参議院には選挙制度や任期などにおいて違いが設けられている。参議院について述べた文として正しいものはどれか。*3_選挙は、小選挙区比例代表並立制で行われる。_議員定数は、475名である。_議員の任期は6年であり、3年ごとに議員定数の半数が改選される。_任期の途中で、議院が解散されることがある。^国会の働きとして最も適切なものはどれか。*3_外交関係を処理し、条約の締結を行う。_法律が憲法に違反していないかどうかの審査を行う。_国政調査権を持ち、政治全般について調査を行う。_最高裁判所長官の指名と、その他の裁判官の任命を行う。^国の予算は、内閣が作成し、国会によって議決される。日本国憲法の規定により、参議院で衆議院と異なった議決をした場合に開かれる機関は何か。*3_公聴会_予算委員会_両院協議会_参議院の緊急集会^衆議院の優越が認められているものとして最も適切なものはどれか。*4_国政調査権_憲法改正の発議_弾劾裁判_楊さんの先議^参議院について述べたものとして正しいものはどれか。*1_緊急集会が開かれることがある。_予算の先議権をもっている。_任期途中で解散することがある。_内閣不信任の決議ができる。^衆議院の出席議員の3分の2以上の賛成で再可決した場合に限り、衆議院の決議が優先して成立する事項はどれか。*3_内閣総理大臣の指名_予算の議決_法律案の議決_条約の承認^わが国の国会と内閣の関係について述べた文として誤っているものはどれか。*3_内閣は、国会で決められた法律や予算にもとづいて国の仕事を行う。_衆議院は、内閣不信任の決議を行うことができる。_国会は、内閣総理大臣を必ず衆議院議員の中から指名しなければならない。_内閣総理大臣は、国務大臣の過半数を国会議員の中から任命する。^予算または法律が成立するまでの流れを示したものとして最も適当なものはどれか。なお、「可決」、「否決」、「再可決」は本会議での議決である。*4_予算案→衆議院否決→参議院可決→成立_予算案→参議院可決→衆議院可決→成立_法律案→衆議院可決→参議院否決→両院協議会不一致→成立_法律案→衆議院可決→参議院否決→衆議院再可決→成立
国会
次の問いに答えよ。
国会
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語