経済活動の自由を保障する日本国憲法の条文はどれか。*2_すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。_財産権は、これを侵してはならない。_集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。_思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。^日本国憲法に定められている基本的人権について、社会権の具体的な例として適当なものはどれか。*1_能力に応じて、ひとしく教育を受けること。_自分の考えや意見を自由に表現すること。_令状がなければ、原則として逮捕されないこと。_住む場所を自由に選ぶこと。^教育を受ける権利の日本国内の状況について述べた文として適当でないものはどれか。*3_義務教育は、無償である。_国民は、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務がある。_教育を受ける権利は、自由権に分類される。_障がいがある場合は、教育の環境に一定の配慮を受けることができる。^選挙権は、かつては納税額で制限されたり、女性は認められなかったりしていたが、現在では、日本国憲法第15条3項において、一定の年齢以上の全ての国民に保障されている。2015年の公職選挙法改正により、選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられた。この文章で述べている我が国の選挙の原則に当てはまるのはどれか。*4_平等選挙_直接選挙_秘密選挙_普通選挙^日本国憲法で保障されている請求権にあてはまらないものはどれか。*3_権利が侵害された場合に裁判を受ける権利_公務員の不法行為によって受けた損害に対して賠償を求める権利_労働者の団体が労働条件の改善を求めて使用者と交渉する権利_刑事裁判で無罪になったときに補償を求める権利^日本の裁判のしくみなどについての説明として最も適するものはどれか。*4_警察が被疑者を起訴して裁判が始まり、有罪が確定するまでは、被告人は無罪として扱われる。_被告人が犯罪を行ったことを認める本人の供述により、他の証拠の有無にかかわらず有罪となる。_裁判員は有罪か無罪かのみを判断し、有罪とした場合、具体的な刑の内容の決定には関わらない。_抑留や拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、国に補償を求めることができる。^政治に参加する権利は、参政権と呼ばれている。日本国憲法において保障されている参政権にあたるものはどれか。*4_団体行動権_刑事補償請求権_裁判を受ける権利_最高裁判所裁判官の国民審査権
基本的人権2
次の問いに答えよ。
基本的人権2
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語