日本国憲法は、第24条に「婚姻は、両性ののみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」と規定している。*合意*^時間をかけて話し合っても意見が一致しないことがある。この場合には、より多くの人が賛成する意見を採用する方法としてがよく用いられる。この方法を用いる際には、互いの異なる意見をよく聞き、結論を出す前にを尊重することが大切である。*多数決_少数の意見|少数意見*^日本国憲法の三つの原則は、国民主権、平和主義、である。*基本的人権の尊重*^日本国憲法では、天皇の国事行為について、内閣の助言と承認によって行う国会のや、内閣の指名にもとづいて行うの任命などを規定している。*召集_最高裁判所長官*^日本国憲法第13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及びに対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」*幸福追求*^憲法改正原案が国会に提出されると、衆議院と参議院で審議される。それぞれの総議員の以上の賛成で可決されると、国会は国民に対して憲法改正の発議をする。その後、その改正案について、国民投票が行われ、有効投票の過半数の賛成を得ると、憲法改正される。*3分の2|3分の2|三分の二*^日本国憲法の改正は、各議院の総議員のの賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、そのの賛成を必要とする。*三分の二以上|3分の2以上_過半数*
人権と日本国憲法1
次の問いに答えよ。
人権と日本国憲法1
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語