次の文は平等権に関わる日本国憲法第14条の条文の一部である。「すべて国民は、法の下に平等であつて、人権、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、されない。*差別*^1989年に国際連合でされた「子どもの権利条約」を、日本は1994年にした。*採択_批准*^日本国憲法は、「すべての国民は、法の下にであって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と定めている。このことに関して、例えば、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を図り、あわせてわが国の多様な文化の発展に寄与することを目的として、1997年に法が制定された。*平等_アイヌ文化振興*^労働者に保障されている労働基本権は権、権、権である。*団結_団体交渉_団体行動*jf^国民は、最高裁判所裁判官の権をもち、最高裁判所の裁判官に対して、任命が適切かどうかを行うことができる。*国民審査*do^主権者である国民の意見や要求を政治に反映させるとともに、人権保障を確かなものにするために、日本国憲法では、選挙権、被選挙権、請願権などの権を保障している。日本では、2016年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が施行され、選挙権年齢は満歳以上となった。*参政_18*^日本国憲法第12条、この憲法が国民に補償する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常にのためにこれを利用する責任を負ふ。*公共_福祉*^新しい人権の一つとされるの権利は、個人の私生活に関することをみだりに公開されない権利として考えられてきたが、情報化が進展する中で、の意味が広がり、現在では、名前、住所などの個人情報を自ら管理する権利としても考えられるようになった。*プライバシー*do^1948年12月10日、国際連合は、自由、正義、平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人々と国とが達成すべき共通の基準として、宣言を採択した。*世界人権*
人権と日本国憲法2
次の問いに答えよ。
人権と日本国憲法2
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語