日本の気候、自然災害 (12問)
日本の大部分は温帯のなかの何と言う気候区に属しているか。 温帯(温暖)湿潤気候日本では北海道以外、6月ごろがこの時期にあたり、世界の中で東アジアだけで見られる気象現象を何というか。 梅雨夏から秋にかけて日本列島へやってくる、熱帯低気圧が発達したものを何と呼ぶか。 台風一年中気温が高く、降水量が多い南西諸島や小笠原諸島の気候帯を何というか。 亜熱帯降水量が少なく、冬の気温がとても低くなる北海道の気候帯を答えよ。 冷帯(亜寒帯)日本海側の気候は冬にが多いという特徴がある。 瀬戸内地方の気候は降水量がいという特徴がある。 少な中部地方の中央高地の気候は一年を通して気温が低く降水量がい。 少な地震の震源が海底の場合に大波が海岸に押し寄せて建物や町を破壊する災害を何というか。 津波台風など強い低気圧により、海面が高くなる現象を何というか。 高潮北日本で起こりやすい、夏の低温により作物の生育が悪くなることを何というか。 冷害自然災害が発生したときに、どこでどのような災害が起こるか被害を予測して地図に表したものを何というか。 防災マップ(ハザードマップ)
日本の気候、自然災害 (12問)0点
次の問いに答えよ。
日本の気候、自然災害
結果 間違えた問題と答 すべての問題と答
中学校英語学習サイト 中学英語の文法、練習問題、リスニング
中学校数学学習サイト 中学数学各単元の要点と練習問題
中学理科の学習 中学理科各単元のまとめ、理科の用語、練習問題
中学歴史の学習 中学歴史の練習問題、人名事典、各時代の概要
高校数学 高校1年数学の要点と練習問題