化学変化1
(  )に入る適切な語句または数字を答えよ。
水酸化バリウムと塩化アンモニウムとの化学変化は、熱を反応で、吸熱反応という。吸熱反応では、反応後の物質がもつ化学エネルギーは、反応前の物質がもつ化学エネルギーより。*周囲から奪う|まわりから奪う|周りから奪う|周囲から吸収する|周りから吸収する_大きい*a_*2_k*a44^炭酸水素ナトリウムを試験管に入れてガスバーナーで加熱すると、気体が発生して石灰水を白くにごらせた。また試験管の口に液体がつき、この液体は塩化コバルト紙を青色から赤色に変化させた。加熱した試験管の中には白色粉末が残った。この実験でガスバーナーによる加熱をやめる前に、ガラス管を石灰水から抜く必要がある。ガスバーナーによる加熱をやめると、試験管内のなるため、石灰水が逆流するからである。
*圧力|気圧_小さく|低く*a_*2_k*a45^煮つめた砂糖水に炭酸水素ナトリウムを加えてかき混ぜると、ふくらんだカルメ焼きができる。このときの炭酸水素ナトリウムのはたらきを調べるため、炭酸水素ナトリウムを加熱したところ気体が発生し、加熱した試験管の口の部分には液体が見られた。発生した気体を水上置換法で複数の試験管に集め、気体が何かを調べる。発生した気体を集めた試験管にを入れてゴム栓をしてよくふると白濁したので、この気体が二酸化炭素であり、カルメ焼きをふくらませていることがわかった。加熱した試験管の口に見られた液体にをつけると赤くなったので、この液体が水であることがわかった。*石灰水_塩化コバルト紙*a_*2_k*a46^水酸化ナトリウムをとかした水を電気分解したところ、-極ではが発生した。-極で発生する気体の分子の数は、+極で発生する気体の分子の数の倍である。*水素_2*a_*2_k*a47^化学かいろのしくみを調べるため、鉄粉12gと活性炭粉末8gの混合物の入ったビーカーに液体を少しずつ入れながらガラス棒でかき混ぜて、温度の変化を見ると、温度がどんどん上がってきた。この実験で温度が上がるのは、酸化反応が起きているからで、空気中のと反応して鉄粉はという物質に変化している。*酸素_酸化鉄*a_*2_k*a48^化学かいろのしくみを調べるため、鉄粉12gと活性炭粉末8gの混合物の入ったビーカーに液体を少しずつ入れながらガラス棒でかき混ぜて、温度の変化を見る。この実験で使った鉄粉を同じ重さの1本の鉄くぎに変えると、温度の上昇は鉄粉の時とくらべるとなる。なぜなら、鉄全体の表面積がなり一度に反応する鉄原子の数がなるからだと考えられる。*おだやかに|ゆるやかに|ゆるく_小さく_少なく*a_*2_k*a49
中学英語リスニング問題 高校入試対策から普段の学習まで リスニングテスト問題集
中学校数学学習サイト 中学理科の学習 中学校英語学習サイト 中学歴史サイト 高校数学学習サイト
歴史 地理 公民 英語数学 理科 国語