1次関数基礎8

1. 次の問に答えなさい。

(1)1次関数12x+4y–1=0の傾きと切片をそれぞれ求めよ。

(2)1次関数 y=2x–5で、xが4から7まで増加するときのyの増加量を求めよ。また変化の割合を求めよ。

(3)1次関数y=–2x+9で、xが4から7まで増加するときのyの増加量を求めよ。また変化の割合を求めよ。

(4)1次関数y=3x+5について
① x=2のときのyの値を求めよ。② xの増加量が2のときのyの増加量を求めよ。

(5)1次関数y=–5x+20について
① x=3のときのyの値を求めよ。② xの増加量が3のときのyの増加量を求めよ。

(6)1次関数y=23x+11について
① x=6のときのyの値を求めよ。② xの増加量が6のときの、yの増加量を求めよ。

(7)1次関数y=-12x+3について
① x=12のときのyの値を求めよ。② xの増加量が12のときのyの増加量を求めよ。

2. 下の左図の①から③のグラフを式にしなさい。また④から⑥の式をグラフにして右図にかきなさい。

④ y=–4x+5 ⑤ y=53x-2 ⑥ y=-14x+3

x y o x y o

1

(1)傾き–3    切片 14
(2) yの増加量6   変化の割合2
(3) yの増加量–6   変化の割合–2
(4) ①y=11    ②6
(5) ①y=5    ②–15
(6) ①y=15    ②4
(7) ①y=–3    ②–6

2

①y=-43x-4
②y=-13x+113
③y=2x+6
④、⑤、⑥ 

x y o