1次関数基礎6

1. 1次関数y=12x+5について次の問に答えよ。

①x=4のときのyの値を求めよ。②xが6増加するときのyの増加量を求めよ。

2. 1次関数y=–2x+10について次の問に答えよ。

①x=3のときのyの値を求めよ。②xが6増加するときのyの増加量を求めよ。

3. 次の1次関数の式を求めなさい。

①傾きが–6で(1,2)を通る。②y=3x–8に平行で(2,5)を通る。 ③2点(1,3)と(2,5)を通る。④2点(–1,–2)と(3,–10)を通る。

4. つぎのそれぞれの場合についてグラフの交点を求め、座標で答えよ。

①y=–2x+1とy=3x–9②y=5x–8とy=3x+4

5. 次のそれぞれの1次関数のグラフを描け。

①y=–2x+5 ②y=25x-4

x y o

6. グラフを描いて、yの変域を求めよ。

①y=3x+1  1≦x≦2 ②y=–4x+6   2≦x

x y o

1

①y=7    ②3

2

①y=4    ②–12

3

①y=–6x+8    ②y=3x–1   ③y=2x+1    ④y=–2x–4

4

①(2,–3)   ②(6,22)

5

x y o

6

①4≦y≦7 ②y≦–2

x y o