19世紀ヨーロッパ_一問一答

次の問いに答えよ。

17世紀、インドからイギリスに輸入されていた人気商品は何か。

この時期の機械の動力として使われ、技術者のワットが改良して効率の良いものにしたのは何機関か。

工場での機械生産などの技術の向上による経済と社会の仕組みが変化したことを何というか。

(3)を他国より早く実現し、19世紀に世界の工場と呼ばれていた国はどこか。

資本家が経営者になり労働者を工場で雇って利益得るために競争して生産をおこなう仕組みを何というか。

労働者は職業と生活を守るために何を結成したのか。

共産党宣言や資本論を書いたドイツの社会主義者はだれか。

19世紀に最大の植民地をもつ国となったのはどこか。

プロイセンを中心に統一し、プロイセン王が皇帝となった国はどこか。

鉄血宰相と呼ばれた首相は誰か。

18世紀後半から、黒海から地中海、中央アジアや中国東北部へ進出しようとするロシアの政策を何というか。

新しい首都としてサンクトペテルブルクを建設したロシアの皇帝は誰か。

アメリカの当時の主要な輸出品で、南部で生産されていた作物は何か。

アメリカで、奴隷制に反対していたのは南部、北部のどちらか。

アメリカで保護貿易を主張していたのは南部、北部のどちらか。

アメリカで奴隷制や保護貿易をめぐっておきた内戦を何というか。

「人民の、人民による、人民のための政治」をうったえる演説をしたアメリカ大統領はだれか。

綿織物 蒸気機関 産業革命 イギリス 資本主義 労働組合 マルクス イギリス ドイツ ビスマルク 南下政策 ピョートル1世 綿花 北部 北部 南北戦争 リンカン