19世紀ヨーロッパ_確認

カッコに適切な語句をいれよ。

17世紀にイギリスでから輸入された綿織物が人気となる。

イギリスの機械技術者のは蒸気機関を改良して効率の良いものにし産業革命に貢献した。

イギリスではさらにほかの工業も発達し19世紀にはと呼ばれるようになった。

工場での機械生産などの技術の向上によるの仕組みの変化を産業革命という。

家が経営者になり者を工場で雇って利益得るために競争して生産をおこなう仕組みを資本主義という。

資本主義の広がりと共に労働問題が発生し、者は職業と生活を守るため労働組合を結成した。

また資本主義を批判する主義の考えがマルクスらによってとなえられた。

イギリスの首都のは世界最大の都市となった。

イギリスで1851年には各国の物産が集められる、世界初の会が開かれた。

ドイツでは宰相と呼ばれたビスマルクのもと1871年にドイツ帝国が誕生した。

ロシアでは20世紀初めまで憲法や議会がなく皇帝による政治が続いていた。

ロシアの皇帝ピョートル1世は新しい首都を建設した。

18世紀後半からロシアは南下政策をとり、海や地中海、中央アジア、中国北東部などへ進出しようとする。

19世紀半ばのアメリカの経済は向け綿花の輸出が経済の中心だった。

アメリカの綿花は部の奴隷労働で生産されていた。

1861年から南北戦争がおこり部が勝利した。

インド ワット 世界の工場 経済、社会 資本 労働 労働 社会 ロンドン 万国博覧 鉄血 専制 サンクトペテルブルク イギリス