17・18世紀ヨーロッパ_記述など

次の問いに答えよ。

1642〜49のクロムウェルが指導した革命をなぜピューリタン革命というのか。

1688〜89の革命をなぜ名誉革命というのか。

立憲君主制とはどのような政治制度か。

イギリスの植民地であったアメリカが独立戦争を起こしたのはなぜか。

社会契約説とはどのような考え方か。

三権分立とはどのような考え方か。

共和制とはどのような政治制度か。

フランス革命後のフランスに対して各国が軍隊を送ったのはなぜか。

次の文章はそれぞれどの宣言のものか。語群から選んで答えよ。
権利章典 独立宣言 人権宣言 「人は生まれながらにして自由で平等な権利を持つ。・・・」 「国王は議会の同意なしに法律を停止することはできない。・・・」 「我々は以下のことを自明の心理と考える。人はみな平等につくられ・・・」

革命の中心となった人々にプロテスタントのピューリタン(清教徒)が多かったから。 それまでの国王を追放して、新たな国王を迎えて革命が成功したが、これが戦乱なく無血で行われたから。 国王の権力が憲法によって制限される政治制度。 本国の議会には植民地から代表が出せないにもかかわらず、本国は戦争費用のための課税を行おうとしたから。 社会は基本的に個人同士の契約で成り立っており、権力者(政府)は個人個人により権力を委託されているという考え方。 権力の乱用を防ぐため権力を一つに集中せず立法・行政・司法の三つに分けるべきだという考え方。 主権者である国民の選挙で選ばれた代表者が元首となって政治を行う政治制度。 革命が広がるのをおそれたため。 c a b