ヨーロッパ17・18世紀 確認

カッコに入る適切な語句や人名または数字を答えよ。

18世紀のヨーロッパではが最強国の地位を競って何度も戦争をした。

1215年に定められたマグナ・カルタはの専制を防ぐため人々の権利を文書で確認したもので、イギリス立憲君主制の起源とされている。

17世紀半ば、議会を無視した国王と議会の間で内戦が起こり議会側がの指導で勝利した。

その後、王政に戻るが、再び専制を行った王に対して名誉革命が起こりが定められた。

イギリスではの権力が憲法によって制限される立憲君主制が世界で最初に始められた。

イギリスは北アメリカにある植民地に対し戦費のための新税を課すが、植民地側は「なくしてなし」と唱えて反対運動を始めた。

イギリスが(6)を弾圧したため独立戦争が始まり、植民地側は1776年にを発表した。

アメリカは独立戦争に勝ち、初代にワシントンが選ばれた。

アメリカは最初、大陸東部の州だけが領土だった。

イギリスのは社会契約説と抵抗権を唱えた。

フランスのは法の精神と三権分立を説いた。

フランスのは社会契約説と人民主権を主張した。

17世紀後半からのフランスではが政治権力のすべてを握り議会を開かずに国を治めていた。

フランスでは第一身分のと第二身分のは免税などの特権を持ち、第三身分の平民が税を負担していた。

1789年、バスチーユ牢獄の襲撃を発端に革命が始まり人権宣言を発表した。

この革命で王政を廃止して制がはじまった。

革命の広がりを恐れた周囲の国々が軍を送って戦争になり、そこで活躍したナポレオンが1804年にになった。

イギリス、フランス 国王 クロムウェル 権利章典 国王(君主) 代表 課税 独立宣言 大統領 13 ロック モンテスキュー ルソー 国王 聖職者 貴族 フランス 共和 皇帝