古典読解問題3

次の文を読んで問いに答えよ

ある時鷲かたつぶりを食らはばやと思ひけれどいかんともせん事を知らず 思ひわづらふ所に烏かたはらより進み出でて申しけるはこのかたつぶりを ほろぼさん事いとやすき事にて侍れ我申すべきやうにし給ひて後我に その半分をあたへ給はば教へ奉らんといふうけがうてそのゆゑを問ふ 烏申しけるはかのかたつぶりを摑みあがり高き所よりおとし給はば その殻たちまちに砕けなんといふ案のごとくし侍りければたやすく取つ てこれを食ふ   そのごとくたとひ権門高家の人なりともわが心をほしいままにせず智者 の教へに従ふべしそのゆゑは鷲と烏をくらべんにその徳などかはまさるべ きなれどもかたつぶりのしわざにおいては烏もつともこれを得たる事にふ れて事ごとに人に問ふべし   かたつぶりを食らはばやかたつむりを食べたいものだ      権門高家の人権威があり身分の高い人物 傍線部のAうけがうBゆゑをそれぞれ現代仮名遣いにしてひらがなでかけ 本文中のにはいる助詞を答えよ 本文中で が省略してある会話があるその会話の最初と最後の三文字を抜き出せ ②権門高家の人 ③ 智者はそれぞれ本文中でどの動物にたとえられているか答えよ


AうけごうBゆえ こそ 最初かのか 最後けなん ②鷲 ③烏