古文読解問題1

次の文を読んで問に答えよ

醍醐の大僧正実賢餅をやきてくひけるにAきはめた (あ)人にて餅をもちながらふたふたとaねぶり けるまへに江次郎といふ恪勤者(い)ありけるが 僧正のねぶりてうなづくをわれにこ(う)餅くへと気色 あるぞと心えてb走よりて手にもちたる餅をとりてくひて けり僧正おどろきてのちここにもちたりつる餅はとたづ ねられければ江次郎Bその餅ははやくへと候つれ たべ候ぬcこたへけり僧正比興(え)ことなり とて諸人にかたりてdわらひけるとぞ

本文中の会話で を省略してある部分がある会話の部分を抜き出せ 傍線部Aを現代仮名遣いにしてすべてひらがなで書け 傍線部adの主語をそれぞれ本文中の語句で答えよ 傍線部Bを現代語にせよ 傍線部あえからつぎの例文のと同じ用法のものをえらべ  木こり山守に斧を取られて佗し心憂しと思ひて ・ ・ ・

ここにもちたりつる餅は きわめたる a実賢(大僧正僧正) b江次郎 c江次郎 d実賢(大僧正僧正) その餅は早く食べろとのことでしたので食べました