公共の福祉と国民の義務 基本

次の問いに答えよ。

日本国憲法で人権の制限や限界を表現した、社会全体利益を意味する言葉を答えよ。

次のそれぞれの法律や条例で制限されている自由を語群から選べ。
身体の自由 居住・移転の自由 信教の自由 集会・結社の自由 表現の自由 財産権の保障 職業選択の自由 他人の名誉を傷つける行為の禁止。(刑法)
感染症による入院措置(感染症法)
無資格者の営業禁止(医師法など)
デモの規制(公安条例)
不備な建築の禁止(建築基準法)

公務員のストライキ禁止は憲法の中の何と言う権利を制限しているのか。

精神の自由、身体の自由、経済活動の自由のうち、制限が広く認められているのはどれか。

憲法に書かれている国民の3つの義務をすべて答えよ。

憲法に義務の規定が少ないのはなぜか。

公共の福祉 表現の自由 居住・移転の自由 職業選択の自由 集会・結社の自由 財産権の保障 団体行動権(労働基本権) 経済活動の自由 子どもに普通教育を受けさせる義務、勤労の義務、納税の義務 憲法が国民の権利を保障するための法だから。