絶対値と正負の数の大小

1. 次の問に答えよ。

(1) 数直線上である数と原点との距離のことを何というか。

(2) 数直線上では右、左どちらにいくほど大きい数になるか。

(3) 次の(  )内の適するほうの言葉を選びなさい。

数の大きさを比べる場合、正の数どうしでは絶対値が大きいほど(a 大きい、 b 小さい)数になる。
負の数どうしでは絶対値が大きいほど(c 大きい、 d 小さい)数になる。

2. 次の数の絶対値を答えなさい。

① -6② -2.3③ +125 ④ +5.8⑤ -25⑥ +57

3. 次の問に答えよ。

(1)絶対値が8になる数をすべて答えよ。

(2)絶対値が5より小さい整数をすべて答えよ。

(3)絶対値が2より大きく、6より小さい整数をすべて答えよ。

(4)2つの整数がある。この2つの整数の絶対値は等しく、この2つの整数の差は14である。
   この2つの整数を求めよ。

4. 次の各組の数の大小を不等号を使って表しなさい。

① +2、 -1② -14、 +3③ -12、 -3 ④ +0.2、 +1.1⑤-0.01、 -2⑥ 0、 +0.001 ⑦ -0.5、 +0.02⑧-0.01、 0⑨ -4.01、 -3.99 ⑩ -13 、 -0.5⑪ -2、 -8、 +0.3、 0

1

(1)絶対値  (2)右  (3)a,d

2

①6  ②2.3  ③125  ④5.8  ⑤25   ⑥57

3

(1)+8,-8
(2)–4,-3,-2,-1,0,+1,+2,+3,+4
(3)-3,-4,-5,+3,+4,+5
(4)+7と-7

4

①+2>-1   ②-14<+3   ③-12<-3
④+0.2<+1.1   ⑤-0.01>-2   ⑥0<+0.001
⑦-0.5<+0.02   ⑧-0.01<0   ⑨-4.01<-3.99
⑩-13 >-0.5   ⑪-8<-2<0<+0.3