人権の歴史 確認

カッコ内にはいる適切な語句、名前または数字を答えよ。

人間はだれも、個人として尊重されにあつかわれ、自らの意志に従ってに生きることができなければならない。

イギリスで1215年に作られた、国王の権利を制限した文書をという。

イギリスの思想家ロックはを著し、抵抗権を唱えた。

フランスの思想家モンテスキューはで三権分立を唱えた。

フランスの思想家ルソーはで人民主権を唱えた。

イギリスの市民革命はクロムウェルが指導した革命と、無血の革命である。

1776年に「われわれは以下のことを自明の真理であると信じる。人間はみな平等につくられていること、・・・」というアメリカ宣言が出された。

1789年に「人は生まれながら、自由で平等な権利を持つ。社会的な区別は、・・・」というフランス宣言が出された。

資本家が、資本をつかって利益を目的にな競争のもとに生産を行う経済を資本主義経済という。

資本主義経済の発展とともに社会の中での差が広がった。

1919年のドイツのワイマール憲法では初めて権が認められた。

大日本帝国憲法で、人権はによって与えられた臣民の権利であり、によって制限できるものだった。

日本国憲法は1946年11月3日にされ、翌年5月3日にされた。

1948年にの総会で世界人権宣言が採択された。

平等 自由 マグナ・カルタ 統治二論 法の精神 社会契約論 ピューリタン 名誉 独立 人権 自由 貧富 社会 天皇 法律 公布 施行 国際連合