世界恐慌_確認

カッコ内にはいる適切な語句または数字を答えよ。

主義では経済活動が活溌な状態の好況と経済活動が停滞している状態の不況が交互に循環する。

急激にからに変化することを恐慌という。

世界経済の中心だったアメリカでが大暴落したことからはじまったのが世界恐慌である。

1933年から大統領はニューディール政策を始めた。

ニューディール政策では積極的にをおこなって国民の購買力を高めた。

また、アメリカは自国の産業を優先して貿易の姿勢を強めた。

イギリスやフランスは本国と植民地の関係を密接にしそれ以外の国の商品には高いをかけるブロック経済をおこなった。

の少なかったイタリア、ドイツ、日本などは自らのブロック経済圏をつくるために武力による侵略を始めた。

ソ連は主義国家で独自の経済政策を行っていたため不況の影響を受けずに成長しアメリカに次ぐ工業国になった。

ファシズムはを否定し、個人より民族や国家全体の利益を優先し、武力による侵略を主張する政治運動である。

イタリアでは党を率いるムッソリーニが1922年に首相になった。

イタリアは世界恐慌の後経済が行きづまるとを侵略し1936年に併合した。

ドイツではベルサイユ条約のが重い負担となり経済が混乱した。

ドイツではヒトラーの率いるが世界恐慌の不況が始まると混乱の中で勢力を伸ばした。

1933年ヒトラーが首相になると他の党を解散させ、憲法を停止して独裁を確立した。

ドイツはが国民を監視し、統制する全体主義の国になった。

資本 好況(好景気) 不況(不景気) 株価 フランクリン・ルーズベルト 公共事業 保護 関税 植民地 社会 民主主義 ファシスト エチオピア 賠償金 ナチス(国民社会主義ドイツ労働者党) ワイマール 秘密警察