中国・インド・開国_記述

カッコ内にはいる適切な語句、名前または数字を答えよ。

産業革命後、ヨーロッパはアジアにを輸出しようと考えた。

18世紀の中国で、欧米との貿易のために開いていた港は1港だけだった。

イギリスは清で工業製品が売れず、貿易赤字だったためで栽培したアヘンを清に持ち込んで売った。

清がアヘンを取り締まるとイギリスは年にアヘン戦争をおこして勝利した。

アヘン戦争の講和条約(南京条約)によりイギリスは上海などの港を開かせ、香港を手に入れ、賠償金を支払わせた。 ※数字

清がアヘン戦争の戦費や賠償金のために重税を課したことも原因となり、洪秀全の率いるの乱が各地に広がった。

インドでは産業革命後イギリスから安いが流入し伝統的な業が打撃をうけた。 ※カッコに同じ語句がはいる。

イギリスに反感を持つ人々が、年インド大反乱を起こした。

1853年アメリカの東インド艦隊司令長官ペリーが軍艦4隻でに来航した。

ペリーは日本の開国を求める大統領のを幕府に受け取らせた。

1854年、幕府は条約を結び下田と函館の2港を開いた。

1856年、アメリカ総領事のは幕府に通商条約を結ぶことを求めた。

1858年、大老の井伊直弼は朝廷の許可を得ないまま条約を結んだ。

この条約はアメリカに領事裁判権を認め、日本に関税自主権のない条約だった。

工業製品 広州 インド 1840 5 太平天国 綿織物 1857 浦賀 国書 日米和親 ハリス 日米修好通商 不平等