江戸初期の外交_一問一答

次の問に答えよ。

江戸の初期に東南アジアなどとさかんに行われた貿易を何というか。

多くの日本人が東南アジアに移住してできた町を何というか。

江戸時代に入ってから貿易を始めたオランダとイギリスの商館が設けられたのはどこか。

幕府が幕領に禁教令を出したのは何年か。

ポルトガル人が移された人工の島を何というか。

1937年の島原・天草一揆の時に大将となった少年はだれか。

1939年、来航が禁止された国はどこか。

この後、オランダと中国が貿易を行った港はどこか。

幕府による禁教、貿易統制、外交独占の体制を何と呼ぶか。

キリスト教徒を発見するためにキリストや聖母マリアの像を踏ませることを何というか。

仏教徒であることを寺に証明させることを何というか。

17世紀半ば、中国で清を建国した民族を何というか。

オランダ人にヨーロッパやアジアの情勢を報告するよう提出を義務付けた文書を何というか。

江戸幕府成立後、朝鮮との国交回復のなかだちをつとめた藩はどこか。

将軍の代がわりごとに朝鮮から来た使節を何というか。

琉球王国を攻めて服属させた藩はどこか。

アイヌ民族が住んでいたのはどこか。

アイヌとの交易を独占していた松前藩の領地はどこか。

アイヌの人々が取引の不満から松前藩との戦いを起こしたとき、中心となったアイヌの首長はだれか。

朱印船貿易 日本町 平戸 1612年 出島 天草四郎 ポルトガル 長崎 鎖国 絵踏 宗門改 女真族 オランダ風説書 対馬藩 朝鮮通信使 薩摩藩 蝦夷地 蝦夷地の南部 シャクシャイン