江戸時代のしくみ_記述

次の問に答えよ。

江戸時代の大名とはどのような武士のことをいうのか。

旗本と御家人の違いを説明せよ。

武家諸法度で幕府の許可なくやってはいけないことを2つ答えよ。

自給自足とは何か。

小作とは何か。

村の政治はどのように行われていたのか述べよ。

幕府が安定して年貢を取るために規制したことを「土地」「作物」の語を使って述べよ。

五人組の制度をつくった目的を述べよ。

将軍から1万石以上の領地を与えられた武士 旗本は直接将軍に会うことのできる武士で、御家人はそれができない。 城を修理すること。大名同士が縁組すること。 生活に必要なものを、自らつくって生活すること。 土地を持っていない百姓が地主から土地を借りて耕作し小作料を払うこと。 本百姓から選ばれた庄屋(名主)などの村役人が自治を行った。 土地の売買を禁止したり、米以外の作物の栽培を制限した。 犯罪の防止や年貢の納入に連帯責任を負わせるため。