武士_確認

カッコに入る適切な語句または数字を答えよ。

10世紀になると戦いの技術に優れた都のや地方の豪族が武士となって成長し始める。

10世紀中ごろ、平将門はで新皇を名のって反乱をおこす。

10世紀中ごろ、藤原純友はで海賊を率いて反乱を起こす。

源氏は天皇の子孫の武士団である。

平氏は天皇の子孫の武士団である。

源義家が東北地方の大きな戦乱である前合戦・後合戦をしずめる。

氏は平泉を拠点に東北地方に大きな勢力をもった。

地方の武士は開発した領地を貴族や寺社にし、権利を保護してもらった。

藤原氏と関係のうすい天皇が摂関政治をおさえて政治改革を行う。

白河天皇は位をゆずってになり、院政を行った。

(10)の次に院政を行ったのはである。

保元の乱ではが勝利し、平治の乱ではを破った。

平清盛はの院政を助け、武士として初めて太政大臣になった。

平清盛は兵庫の港を整備して貿易を行った。

平氏に対して源頼朝がで、源義仲がで挙兵した。

源義経は平氏を追いつめで滅ぼした。

武官 北関東 瀬戸内海 清和 桓武 九年 三年 奥州藤原 寄進 後三条 上皇 鳥羽上皇 平清盛源義朝 後白河上皇 日宋 伊豆 木曽 壇ノ浦