人権保障を確かなものに 確認

カッコ内に入る適切な語句や数字を答えよ。

国民がに参加する権利を参政権という。

参政権はを確保し、政治が国民の意思に基づいて行われるために不可欠である。

国会議員、地方議会議員、都道府県知事や市町村長を選挙する選挙権は満歳以上のすべての国民に認められている。

上記(3)のように選挙権が年齢以外に制限のない選挙のことを選挙という。

選挙にする権利を被選挙権という。

国民投票とはへの賛否の意思を国民が直接示す制度である。

国民審査とはがその地位にふさわしいかどうかを国民が直接審査する制度である。

の機関に要望をする権利を請願権という。

に対して一定の行いをするよう要求する権利を請求権という。

裁判所は裁判を通じて日本国憲法に規定されている保障を実現する重要な役割がある。

の行為によって受けた損害に対して賠償を求める権利が国家賠償請求権である。

事件の犯人として裁判にかけられ、無罪になった場合に、に補償を求める権利が刑事補償請求権である。

日本の裁判はがかかり、裁判に訴える人が少なかった。そこで裁判を受けやすくするため日本司法支援センターが設立された。

政治 国民主権 18 普通 立候補 憲法改正 最高裁判所裁判官 国、地方 人権 公務員 時間、費用