裁判と人権、司法制度改革 記述

次の問いに答えよ。

被疑者や被告人を勾留するのはどのような場合か。

被疑者や被告人の権利が日本国憲法に基づいて保障されているのはなぜか。

罪刑法定主義とは何か。

取り調べの可視化が始められているのはなぜか。

司法制度改革はどのような目的で行われているか。

裁判員制度で国民が裁判に参加することでどのようなことが期待されているか。

法テラスはどのようなことを目的に設立された機関か。

黙秘権とはどのような権利のことか。


被疑者または被告人が住所不定であったり、逃亡や証拠隠滅のおそれがある場合。 強い権力を持つ警察や検察の捜査が行き過ぎないようにするため。 ある行為を犯罪とするには、その行為の内容と刑罰が事前に法律に規定されている必要があるという考え。 適正な捜査が行われたかどうかを事後に確認できるようにするため。 時間や費用がかかりすぎて利用しづらかった裁判を、利用しやすいようにする。 裁判の内容や進め方に国民の視点や感覚が反映され、司法に対する理解と信頼が深まること。 弁護士などのサービスをより身近に受けられるようにし、裁判制度の利用をより容易にすること。 被疑者や被告人が、答えたくない質問に答えなかったり、裁判で黙っていたりする権利。