裁判と人権、司法制度改革 基本

次の問いに答えよ。

私人間の争いについての裁判を何というか。

(1)のうちで特に国や地方公共団体に対して行う裁判を何というか。

犯罪行為について有罪か、無罪かを決定する裁判を何というか。

ある行為を犯罪として処罰するには、行為の内容と刑罰が事前に法律に規定されている必要がある。この考えを何というか。

被疑者または被告人の身体を拘束し、拘置所などにとどめることを何というか。

被疑者や被告人が、答えたくない質問に答えなかったり、裁判で黙っていたりする権利を何というか。

経済的な理由などで弁護人を依頼できない時に国が費用を負担してつける弁護人を何というか。

人々が利用しやすい裁判制度にするため進められてきた改革を何というか。

裁判員制度の対象となるのはどのような事件か。

裁判員が参加化する裁判はどれか、選択肢から選べ。
第一審のみ第一審と第二審第二審のみ第一審から第三審まですべて第二審と第三審第三審のみ

一つの事件の裁判で、3人の裁判官に対して裁判員は何人か。

裁判員と裁判官で話し合うことを何というか。

裁判員と裁判官で有罪・無罪、刑罰を決めることを何というか。

無実の罪のことを何というか。

警察や検察による取り調べを、録画・録音して後に確認できるようにすることを何というか。

2008年から導入された、犯罪事件の被害者などが希望に応じて刑事裁判に参加する制度を何と言うか。

検察官が事件を起訴しなかったことについてそのよしあしを判断する、国民からくじで選ばれた11人によって構成される機関を何というか。


民事裁判 行政裁判 刑事裁判 罪刑法定主義 勾留 黙秘権 国選弁護人 司法制度改革 重大な犯罪についての刑事事件 6人 評議 評決 えん罪 取り調べの可視化 被害者参加制度 検察審査会