裁判と人権、司法制度改革 確認

カッコに入る適切な語句または数字を答えよ。

間の争いについての裁判を民事裁判という。

(1)のうちとくに団体に対して行う裁判を行政裁判という。

民事裁判では訴えた人が,訴えられた人がである。

行為について有罪か無罪かを決定するのが刑事裁判である。

ある行為を犯罪として処罰するには、行為の内容と刑罰がに法律に規定されている必要がある。この考えを罪刑法定主義という。

事件が起こると警察と官が捜査し、被疑者を探し、証拠をあつめる。

被疑者が逃亡したり証拠をかくしたりする疑いのある場合などに身体を拘束し、所などにとどめることを勾留という。

被疑者を人として裁判所に訴えることを起訴という。

裁判では法律や裁判の手続きなど専門的な知識が必要になるため、士が手助けをする。

警察は裁判官の出すがなければ原則として逮捕や捜索をすることはできない。

による自白は証拠として使うことはできない。

これまでの日本での裁判は利用しづらく、がかかりすぎたため、司法制度改革が進められてきた。

2006年に設立されたセンター(法テラス)はすべての都道府県に事務所があり、法律相談や弁護士費用の立てかえなどをうけることができる。

2009年から国民が刑事裁判に参加して裁判官と一緒に有罪・無罪、刑罰の内容を決める制度がはじまった。

国民が裁判に参加することで裁判の内容や進め方に国民の視点や感覚が反映され、司法に対するが深まることが期待される。

えん罪を防ぐため、取り調べの一部を録画・録音する、取り調べの化が始められている。


私人 地方公共 原告被告 犯罪 事前 検察 拘置 被告 弁護 令状 拷問 時間、費用 日本司法支援 裁判員 理解、信頼 可視