基本的人権と個人の尊重 確認

カッコ内に入る適切な語句または数字を答えよ。

自由権とはに生きるための権利である。

社会権とは生きるための権利である。

平等権とは生きるための権利である。

参政権はを確実にするための権利である。

憲法第13条「全ての国民はとして尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、に反しない限り、立法その他の国政の上で最大の尊重を必要とする。」

憲法第14条① 「すべての国民は、に平等であって、人種,信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的または社会的関係において、されない。」

人権の保障は、第一にに求められている。

憲法による人権の保障は、特に社会の中でにある人たちにとって大切である。

子どもの権利条約は、1989年にで採択され、日本は1994年に批准した。 

子供の権利について
生きる権利とは、病気などで命を失わないこと。 病気をや怪我をしたらをうけられること。 育つ権利とは、教育を受け、んだりんだりできること。 考えることや信じることの自由が守られ自分らしく育つことができること。 守られる権利とは、あらゆる種類の虐待や搾取から守られること。のある子どもやの子どもなどは特別に守られること。 参加する権利とは自由にを表明したり集まってグループを作って自由な活動をしたりできること。

自由 人間らしく 等しく 人権保障 個人 公共の福祉 法の下 差別 弱い立場 国連 防げる 治療 休、遊 障がい 少数民族 意見