日本の資源・エネルギー 確認

空らんに適切な言葉を入れよ。選択肢のある場合は1つ選べ。

現在の日本のエネルギー自給率は約a 1% b 18% c 42%である。

日本では1950年代ごろまで発電が中心だった。

現在では化石燃料を利用する火力発電や、を燃料とする原子力発電が中心である。

aロシア bカナダ cフランスでは水力発電が最も多く5割以上である

aロシア bカナダ cフランスでは原子力発電が最も多く7割以上である。

火力発電について空らんに適切な言葉を入れよ。

利点はの調整がしやすいことである。

欠点はの原因となる温室効果ガスを発生させることである。

火力発電所のつくられる場所は原料を輸入しやすく、電力需要の多い工業地きや大都市に近い部である。

原子力発電について空らんに適切な言葉を入れよ。

利点はガスの発生がなく効率よく安定した電力が得られることである。

課題は安全性の確保との最終処分場をどうするか、である。

原子力発電所のつくられる場所はから離れていて、冷却水の得やすい海岸近くである。

空らんに適切なことばを入れよ。

再生可能エネルギーのうち発電は設置場所の制約が少ないので住宅やオフィスビル、公共施設で導入が進んでいる。

パソコンや携帯電話などの家電製品をと位置づけ、金や銀、レアメタルなどを回収している

自動車産業における車や電気自動車などの技術を生かし、日本の企業は環境面で世界に貢献している。


b水力ウランbc


発電量地球温暖化臨海


温室効果放射性廃棄物人口密集地


太陽光都市鉱山ハイブリッド