北アメリカ2 確認

アメリカの農業についてカッコに適切な言葉を入れよ。

アメリカは国土が広く、地域によって自然環境が異なるので、農作物が生産されている。これを適地適作という。

アメリカはだいず、とうもろこしが生産、輸出とも世界第1位、は生産量が1位で輸出はブラジル、オーストラリアについで第3位となっている。

センターピボット方式とは地下水をポンプでくみ上げ、スプリンクラーで自動的に散水するのこと。

食肉用の牛などを飼育するために柵で囲った施設のことをという。

アメリカでは広い面積を少ない労働力で経営するため、大型機械などを使った的な農業が主流である。

バイオテクノロジーを利用して新種の種子の開発などを増やす努力が行われている。

大企業が農業や農業関連産業に進出し、経営の農場は減少している。

アメリカの工業についてカッコに適切な言葉や数字を入れよ。

早くから工業が発達したのは大西洋岸や沿岸である。

ピッツバーグでは業、デトロイトでは工業が発達した。

近年ではサンベルトとよばれる北緯度以南の温暖な地域が工業の中心となっている。

州のシリコンバレーには情報技術産業などの有名企業が集まっている

今日では系移民が情報技術産業を支えている。

カッコに適切な言葉を入れよ。

メキシコや西インド諸島からきた語を話す移民をヒスパニックと呼ぶ。

ハンバーガーなど短時間で食べられるものをという。


環境に適した 牛肉 かんがい フィードロット 企業 生産量 家族


五大湖 鉄鋼自動車 37 カリフォルニア アジア


スペイン ファストフード