三平方の定理応用(錐の表面積・体積)

次のそれぞれの立体の体積と表面積を求めよ。

底面の半径3cm, 母線の長さ5cmの円錐
5cm 3cm 体積 表面積

一辺6cmの正四面体
6cm 体積 表面積

底面が一辺10cmの正方形で、その他の辺がすべて13cmの正四角錐
13cm 10cm 体積 表面積

底面が一辺6cmの正六角形で、その他の辺がすべて10cmの正六角錐
10cm 6cm 体積 表面積


図のように半径6cmの円の円周を八等分し A,B,C,D,E,F,G,Hとする。この円周上の 8つの点を結んで正八角形を作る。 この正八角形ABCDEFGHを 底面とする正八角錐O-ABCDEFGHの体積を求めよ。 ただしOA=OB=OC=OD=OE=OF=OG=OH=10cmとする

6cm A B C D E F G H
A B C D E F G H O 10cm


12πcm3 24πcm2 182cm3 363cm2 100119 3 cm3 340cm2 1443cm3 (1891+543)cm2


1922cm3